在籍確認

電話での在籍確認はどんなことを聞かれる?

  電話での在籍確認はどんなことを聞かれる?

在籍確認とは

在籍確認とはキャッシングなどを申し込んだときに行われる、確認手続きの一つです。在籍確認の目的は、申込書に記載されている職場に本当に勤めているかどうかを確かめることです。

仮に3日前にその職場を退職して無職の人がお金を借りた場合、返済してもらえる可能性が低くなりますよね。このようなリスクを回避するために行われます。

在籍確認はキャッシングを申し込んだ後、審査の一環として行われます。即日キャッシングをしてもらうためには、審査を早く終わらせることが大切ですから、在籍確認を手早くすませるよう事前に心構えをしておきましょう。

猫とお化けのイラスト

在籍確認の電話で、社名は言わないから安心するにゃ

在籍確認の手順

在籍確認は、現在勤めている職場に、消費者金融の人が個人名で電話をかけて在籍しているかどうか確かめます。営業職などで会社にいないことが多い人の場合は、電話に出たあなたの勤務先の社員が、「ただ今外出しております。」と答えると、それでその会社に勤めていることがわかりますから、在籍確認は終了です。

ただ在籍確認は、キャッシング会社によってそれぞれです。会社によっては本人確認のために、生年月日と住所を尋ねられることもあります。気になる人は、どのようなことを聞かれるのか、申し込み前に確認しておきましょう。

僕が受けた在籍確認は、会社に消費者金融の担当者が個人名で、電話をかけてきました。電話に出た後輩が取り次いでくれ、電話に出ました。

担当者が、「○○○○(僕の名前)さまでしょうか」と尋ねてきます。僕が「そうです」と答えると、「ありがとうございます。これで在籍確認は終了です。後ほど審査結果をご連絡いたします。どうぞよろしくお願いいたします。」と言って電話が切られました。

その時はお金が借りれたので、在籍確認はこれだけなんだとわかりました。少しドキドキしましたが、すぐ終わったのでホッとしたのを覚えています。