消費者金融の取立て

消費者金融の取立ては怖い?

  消費者金融の取立ては怖い?

怖い取り立ては法律違反

融資を受けて借りたお金を、指定された期日に返せなければ、自宅や会社に取り立てが来ると恐れていませんか?

よく漫画やドラマなどで、家のドアをガンガン叩いて大声で借金返せ、ドロボー!などと怒鳴っているシーンがありますが、実際にはそのようなことはありません。

このような取り立て行為は、貸金業法で禁止されているからです。取り立て行為は午前8時から午後9時までと決められていますし、勤務先など自宅以外の場所で取り立て行為をすることも禁止されています。

また自宅の扉などに張り紙をするなど、債務者のプライバシーを侵害するような行為も違法です。

猫とアルパカ

乱暴な取り立て行為は禁止されてるにゃ

遅延時の取り立てのおおまかな流れ

何らかの理由で返済ができなくなった場合、次のような流れで、督促が行われます。

まず担当者から電話がかかってきます。このときに、きちんと対応することが大切です。「次の給料日が25日なので、26日までに必ず返済します」など誠意ある対応を行い、すぐに返済すればそれ以上の取り立てはありません。

担当者が声を荒らげるなどということは一切なく、普通の会話が行われますから安心して電話に出てください

しかし電話に出なかったり、約束の期日までに返済が行われなかった場合は、書面による督促状が郵送されてきます。

それでも返済しなかった場合は、内容証明付きの督促状が送られてきます。こうなっても返済しなければ、消費者金融側が裁判所に申し立て裁判手続きが行われます。

裁判に負けると自己破産などの債務整理を行わなければいけません。裁判沙汰にならないためにも、返せないとわかった時点で、早めにキャッシング会社や弁護士などに相談することをおすすめします。

借りる前にきちんと返済計画を立てることが大切です。