本人確認書類

お金を借りるために必要な書類

  お金を借りるために必要な書類

キャッシングの申し込みで必要な書類は本人確認ができる書類と、現在の収入を証明する書類です。

本人確認ができる書類は免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)などです。

ただ、保険証の場合は、公共料金の領収証が求められることがあります。このような手間ひまをかけたくない人は、顔写真が入っている運転免許証やパスポートなどを提示することをおすすめします。

私は申込時に健康保険証を提出したのですが、免許証やパスポートと違って顔写真がありませんから、公共料金の領収書の提出も求められました。

その時は自宅の固定電話の領収証を見せました。免許証は必要だなと思いました。

猫のひらめいた顔のイラスト

本人確認は、免許証やパスポートがおすすめだにゃ

提出方法も忘れずに確認しよう

本人確認ができる書類は、スマホで写真を撮影し、それを専用アプリからアップロードする方法や、FAXで送信する方法などがあります。

店頭の窓口で申し込む場合は、直接提示すれば問題ありません。キャッシング会社によって必要書類の提示方法は異なりますから、申込時にどのような方法で書類を提出するのかの確認も忘れないようにしましょう。

書類を用意したり、提出方法がわからくて戸惑ったりしていると、どんどん時間がすぎていって手続きが遅れ、その日のうちに借りられなくなることがあります。事前の準備と確認が大切ですね。